ノロウイルスにかかったらこう乗り切る!

ノロウィルスにかかってしまったらこうする

ノロウイルスは通常潜伏期間1~2日を置いた後、突然やってきます。前触れがなく嘔吐の症状が起こることも珍しくありません。そのため布団やカーペットなどを汚してしまう場合も多いのが特徴です。誰かが突然嘔吐したとなると周りに人が集まりやすくなりますが、ノロウイルスは二次感染が最も恐ろしい感染性胃腸炎だということ忘れないでください。

実際にノロウイルスが発症した場合、どのような処置をとればいいのでしょうか。また二次感染を防ぐためにはどのような注意が必要なのでしょうか。適切な対応法と回復に向けての食事法で気をつける点をまとめました。

ノロウイルスが発症~嘔吐した場合~

万一、ノロウイルスに感染して嘔吐する人が出てしまった場合の対処は2次感染に注意して、このように行いましょう。

用意するもの

  • 使い捨てビニール手袋(2枚重ねが理想です)
  • マスク
  • メガネ(ゴーグルや水中眼鏡など目を保護するもの)
  • ゴミ袋(沢山あった方が良い)
  • ペーパータオル(新聞紙や捨ててもいい雑巾などでも可)
  • 次亜塩素酸水溶液
  • 処理の手順

    ①まずは患者の手当て

    嘔吐した人の服などを着替えさせ、汚れた衣服などはビニール袋に入れましょう。嘔吐は一度で終わらないケースが多いため、嘔吐を繰り返すことを想定してトイレに連れて行くか(トイレを使用した場合、後で処理が必要です。)、嘔吐用ビニール袋を渡しておいてください。

    ②処理は少人数で

    処理をする人はマスク、ビニール手袋、メガネ、そしてビニールエプロンなど(うちではゴミ袋を切って簡易エプロンを作りました。)をして、充分換気を行いながら処理を始めてください。処理する人を除いて周囲に人を近づけないようにしましょう

    ③処理は迅速丁寧に

    ペーパータオルなどで嘔吐物を拭き取り、ゴミ袋に入れます。嘔吐したところと周辺を次亜塩素酸水溶液を染み込ませたペーパータオルなどで拭きます。立ったまま嘔吐した場合、かなり広範囲に飛び散っていますので、念入りにしてください。乾くとウイルスが飛び散ってしまうため、嘔吐後すぐに処理しましょう

    ④これ以上広げない為に

    処理に使用したものは全てゴミ袋に入れ、袋の口を閉める前に次亜塩素酸水溶液をスプレーし、できたら室外に出しましょう。ゴミ袋は2重にしておいた方が安心です。

    処理後は念入りに手洗いをし、次亜塩素酸水溶液で消毒とうがいをして下さい。手洗い前に触った水道の蛇口も忘れずに消毒をしましょう。二次感染を徹底的に予防するため、処理を行った場合着替えることをお勧めします。

    嘔吐物処理の注意点

  • 塩素系漂白剤で処理をする場合、その刺激臭により気分が悪くなる方も多いです。次亜塩素酸水溶液なら刺激が少なく安心ですし、空気中にスプレーして二次感染予防を強化することが可能です。
  • 次亜塩素酸ナトリウム液を使用し嘔吐処理する場合は濃度0.1%で、消毒する場合は0.02%で行います。
  • トイレで嘔吐した場合、影になっているような細かいところまで飛び散っています。次亜塩素酸水溶液を染み込ませたペーパータオルなどでしっかり拭きましょう。床だけでなく目立って見えなくても、壁や空中にもウイルスが舞いやすい箇所なので充分消毒を行ってください。
  • 会社のトイレなど土足で処理を行う場合、靴カバーなどをビニール袋で作って履きましょう。
  • 横浜市保土ヶ谷福祉保健センターが作成した、詳しい処理方法が動画でも確認できます。
  • 嘔吐物が付いた衣服の洗濯方法

    嘔吐物が付着してしまった衣類の洗濯にも気を使ってください。ぱっと見汚れていないようでも飛沫が付いている可能性がありますので、着衣は洗濯してしまうのが最善の方法です。

    用意するもの

  • 使い捨てビニール手袋(2枚重ねが理想です)
  • マスク
  • メガネ(ゴーグルや水中眼鏡など目を保護するもの)
  • バケツ
  • 次亜塩素酸水溶液
  • 洗濯の手順

    ①汚れを落とす

    まず嘔吐物を処理する時と同様、マスク・ビニール手袋などを着用し嘔吐物や下痢便などがついたものをバケツなどで水洗いします(次亜塩素酸水溶液を入れた水ですると安心です。)

    ②漬け込む

    次亜塩素酸水溶液に10分間漬け込み、更にしっかり洗います。

    ③洗う

    その後は洗濯機で洗っても大丈夫ですが、念のため使用後は消毒しましょう。

    ④熱処理

    85度以上の熱で1分間経過するとノロウイルスが死滅するため、乾燥機やアイロンをかけるとなお効果的です。

    熱湯消毒という方法もありますが85度を1分間保つのは、かなり難しくデリケートな素材のものだと品質も落ちてしまいます。

    ⑤これ以上広げない為に

    処理後は念入りに手洗いをし、次亜塩素酸水溶液で消毒とうがいをして下さい。手洗い前に触った水道の蛇口も忘れずに消毒をしましょう。二次感染を徹底的に予防するため、着替えることをお勧めします。

    布団などの洗えないものの処理方法

    就寝中や発症後の静養中の嘔吐の場合、布団や寝具に吐瀉物がついてしまう場合があります。その際はこのような方法で処理を行いましょう。

    用意するもの

  • 使い捨てビニール手袋(2枚重ねが理想です)
  • マスク
  • メガネ(ゴーグルや水中眼鏡など目を保護するもの)
  • ゴミ袋
  • ペーパータオル(新聞紙や捨ててもいい雑巾などでも可)
  • 次亜塩素酸水溶液
  • 霧吹き
  • スチームアイロン
  • 処理の手順

    ①汚れを落とす

    嘔吐物をしっかり拭き取ります。

    ②消毒&熱処理

    霧吹きでしっかり次亜塩素酸水溶液を与えた後、スチームアイロンを1分以上当ててください。直接あてると焦げてしまうので少し浮かせましょう。

    天気の良い日に布団を干しても、日光ではノロウイルスは死滅しません

    ③これ以上広げない為に

    処理後は念入りに手洗いをし、次亜塩素酸水溶液で消毒とうがいをして下さい。手洗い前に触った水道の蛇口も忘れずに消毒をしましょう。二次感染を徹底的に予防するため、着替えることをお勧めします。

    もちろん嘔吐物などが付いた布団や服などを洗う時にも、二次感染の危険があります。なので一番いいのは全て処分することです。

    ノロウイルスに感染した時の水分・栄養補給

    ①こまめに水分補給を!

    ノロウイルスの時に大事なのは水分補給です。脱水症状を防ぐためこまめに水分補給をしましょう。イオン系飲料など水分だけでなく栄養も補えるものがお勧めです。冷たい飲み物は負担が大きいので、常温かぬるいと感じる温度で飲んでください(病院で処方される粉状のものも、常温かぬるま湯で溶かすことになっています。)。

    乳幼児・老人の注意点

  • 赤ちゃんの場合は無理な水分補給で嘔吐する場合があります。スプーンなどで少しずつ行ってください。1kgあたり4時間ごとに50mlを目安に与えてあげてください。
  • 体力のない赤ちゃんや老人の場合、症状が重くなる可能性が高いです。水分を受け付けない時には早めに受診しましょう。
  • ②無理に食べさせない

    嘔吐や下痢が続いている時は食欲も落ちがちです。無理に食べる必要はありません。お子さんの場合でも食欲がない場合は、無理に食べさせる必要はありません。

    ③胃腸に優しいものを

    食欲が戻ってきたらおかゆや野菜を軟らかく煮たものなど、胃腸に負担がないものを選びましょう。揚げ物や脂肪分の多いものに限らず、繊維が多いものや香辛料を使ったものを口にするのは完全に回復するまで待ちましょう。

    まとめ

    いくら気をつけていても、ノロウイルスに感染してしまうことがあります。かかってしまったら大事なことは適切な処理と、二次感染を防ぐことです。次亜塩素酸水溶液でしっかりとした処理をすれば広がることはありません。

    上記の処理方法を見て「大げさな」と感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし他のインフルエンザなどの流行ウイルスと違い、有効なワクチンも治療法もないしぶといノロウイルスにはやり過ぎくらいがちょうど良いのです。

    症状が治まっても処理や消毒が不十分だった為、2週間後はたまた1ヵ月後に発症したということもあります。1ヶ月くらいは消毒を行うことで、新たな感染を防ぐことが出来ます。 無事に乗り越えたら、手洗いうがいや消毒を日頃から習慣づけていきたいですね。