気になるトイレの臭いに次亜塩素酸水

台所の水切りかごの嫌な臭い

「あんなに掃除をしているのにトイレが臭い!」、「トイレの臭いが気になって家に人も呼べない、、、」ということはありませんか。一体何が臭いの原因になっているのでしょうか。

気になるトイレの臭い、その原因と解消法についてまとめてみました


トイレには4大悪臭がある!


排泄物の臭い

言うまでもなく排泄した直後は排泄物の臭いがします。時間の経過と共になくなります。

配水管からくる臭い

下水道の臭いが配管を通ってトイレに入ってきます。下水道のような生臭さがある場合、配管が汚れている可能性が高いです。水が溜まっている便器の配管ではなく、手洗い場がトイレ内にある場合や床に排水口がある場合はそれらの配管から臭いが来ている可能性が高いですね。

換気扇から侵入する外の臭い

換気扇周辺にスズメなどの小さい鳥、ねずみ、ゴキブリなど生物の死骸などがある場合、それが悪臭の原因となります。

尿のアンモニア臭

男性が立って排尿する時に、どうしても尿が飛び散ってしまいます。女性のように座って排尿する場合でも便座と便器の間に飛び散ります。便座を外して掃除をしているという人は少ないでしょう。便器の床の隙間に入り込んだ尿やトイレの壁と床、また便座の裏とトイレ本体との接合部などに染み込んだ尿が臭いの元となります。

ちなみにトイレのふたをせずに水を流すと尿や便の菌が約2mも飛ぶということが実験で実証されています。 
。いくらきれいに掃除していてもこれでは報われませんね。

また入り組んだ形の便器の内側も汚れていないでしょうか。節約のためと水量を控えていると、汚れがうまく落ちず便器内にぬめり・細菌が発生します。そしてもしかするとまだトイレ掃除にトイレブラシを使っていませんか?

(財)北里環境科学センターの調べによると、家庭で使用されている受け皿つきトイレブラシには1本あたり72万~8億4000万個の細菌と、7万2000~330万個のカビが付着しているということが分かりました。考えただけでも卒倒ものですよね。便器の細菌が1~83個ですから、それを下水道と同レベルのトイレブラシを使い掃除をするということはわざわざ汚しているのと同じことです。

どうすれば消臭・除菌できるの?・消臭剤や芳香剤では根本的な解決になっていない!

多くの方がトイレに消臭剤や芳香剤を置いていますよね。トイレの後にするような消臭剤スプレーは、界面活性剤の分子が臭いの元をコーティングして落下させているので臭わないような気になりますが、臭いは地面→床に落ちているだけです。つまり消臭剤は臭いを元から消しているわけではなく、ごまかしているのです。

ではどうすれば効果的に消臭・除菌できるのでしょうか。効果的に消臭・除菌できる4つのポイントをまとめました。

配管や換気扇周りを点検

配管や換気扇周りをチェックしましょう。浄化槽を付けている方は原因が浄化槽にあるかもしれません。正常に働いているか点検してもらいましょう。

次亜塩素酸水で空間スプレー

気付きにくい高いところには臭いが染み付きやすいです。次亜塩素酸水で高いところから低いところまで臭いの元と細菌を攻撃しましょう。

汚れを徹底的に除去

尿の飛び散りといってもなかなか目に見えないと掃除しにくいですよね。出来るならトイレを使用するたびに掃除したいものですが、時間が経った飛び散り汚れでもブラックライトで照らしてみると尿素が黄色く見えます。そこを次亜塩素酸水を染み込ませた雑巾で壁や床を徹底的に拭き、その後で乾拭きしましょう。

1ヶ月に1度は便器も外して掃除をしましょう。もちろんトイレブラシなど掃除道具も使用後は良く洗って日光消毒をするか、使い捨てのものを選ぶなど清潔を心がけましょう。

汚れを防止

トイレの消臭方法にお悩みの方は、毎晩寝る前に次亜塩素酸水を便器の内側に広くまきましょう。消臭・除菌の効果もありますし、掃除をする回数も減ります。

次亜塩素酸には悪臭のもとを解決する「除菌」という効果がある

次亜塩素酸と消臭剤や芳香剤の根本的な違いは、その効果です。多くの場合臭いの元となっているのは菌です。従来の消臭剤や芳香剤は臭いの元を除去するのではなく、強い香りで押さえ込んでいました。これは殺菌しているわけではないので、臭いの元は残されたままでした。しかし次亜塩素酸はその菌を殺菌することで臭いを元から断ちます。そのため悪臭を無臭にすることが出来るのです。

消臭+除菌

消臭だけでなく同時に除菌もしてくれる次亜塩素酸水は、トイレの悪臭対策に悩んでいる方の毎日のお掃除にもぴったりです。

強い殺菌力

次亜塩素酸水はアルコールなどでは効果がないノロウイルスやロタウイルスといった強力なウイルスにも、殺菌効果があります。日常的に掃除をしながら、ノロ・ロタウイルスといった非常に感染力の強いウイルス予防にも効果があるというのが嬉しいですね。感染してしまった人が家族にいるとしても、二次感染予防という点で力を発揮します。

無臭

次亜塩素酸ナトリウムのように掃除中に刺激臭で頭が痛くなったり、気分が悪くなることもありません。

肌に優しい

次亜塩素酸ナトリウムと違い、直接肌に触れることが出来ない薬品ではありません。肌と同じ弱酸性で、万が一目に入ったとしても毒性はありません。

使いやすい

次亜塩素酸水を使いやすくした商品にディゾルバウォーターがあります。パウチ入りで家庭でも簡単に希釈できますし、スプレータイプなどトイレ内に気軽に設置できる専用スプレーボトルもあります。

まとめ

小まめなトイレ掃除ももちろん大事ですが、使う薬品によってその効果と掃除にかかる時間もかなり違ってきます。良い香りに包まれるとなんとなくきれいになっている感じがしますが、実は汚れも臭いも取れていない、なんてことになっていませんか?

次亜塩素酸水を日頃のトイレ掃除に使用することで、消臭だけではなく気になる除菌も出来ます。トイレに入る度に嫌な臭いで気がめいるという方はぜひ試してみてください。

ちなみに人間のトイレだけでなく、ペットのトイレにもお勧めです。もちろん誤ってペットがなめてしまっても安心というのも嬉しいですね。