ディゾルバ・ウォーターで台所をまるごと除菌・消臭

台所の水切りかごの嫌な臭い

外に限らず、最近では家庭内での除菌・消臭に気をつける必要も多くなってきました。建物の気密性能が上がって、年間通して快適に過ごせるようになったのはいいのですが、これは菌やウイルスにとっても住みやすくなったという事にもなります。雑菌・ウイルスと仲良く共同生活…というわけにはいきませんよね。なんとか清潔に過ごしたいものです。

家庭内で特に菌やウィルスがいたらイヤな場所の代表格、キッチンの除菌・消臭についてまとめてみました。


キッチンのこんなところが怖い~細菌の隠れ家はココ!!~

キッチンは細菌が繁殖するのに必要な栄養・水分・温度の3拍子が見事に揃った場所です。

特に梅雨時期は温度と湿度の両方が高くなるため、細菌にとって最高の住処となります。

ではキッチンといっても具体的にはどこを気をつければいいのでしょうか。雑菌の多くいる場所と効果的な退治方法をまとめてみました。

食器洗い用スポンジ

水気を含んだスポンジが細菌の繁殖場所になることはよく知られているため、スポンジではない方法で洗っている方も多いでしょう。スポンジには15億もの細菌が繁殖していることもあり、まさにバイキンだらけの状態です。

こんなスポンジで食器や調理器具を洗っても、雑菌をこすり付けるているようなものですよね。 水気をしっかりと絞った後に洗剤や次亜塩素酸水を振り掛けておきましょう

まな板

まな板を軽く水洗いしただけでは細菌は残っています。ちょっとの細菌があっという間に繁殖します。細菌が入りやすい傷目などを特にしっかり洗剤で洗い、しっかりと水気をふき取りましょう。その後に次亜塩素酸水をスプレーするだけで除菌・消臭ができます

蛇口のハンドル

食事の用意をする時に必ず触れる蛇口のハンドルですが、特に生肉や魚を触った後は汚れが付いてしまうことがあります。台所では調理する人の手に細菌が付着することで、料理を食べる人達に感染させてしまいます。こまめに次亜塩素酸水で除菌しましょう

水切りかご

洗い終わって食器を入れる水切りかごですが、水切りかごには雑菌が10cm平方メートルの中から200万個もの細菌が発生している場合もあることが分かりました。

食器類は乾いたら食器棚にしまい、水切りかごは受け皿に水をためないようにしましょう。食器を置くかごだけでなく、清潔にしておくことが大切です。

冷蔵庫

低温だからと安心しがちな冷蔵庫も実は細菌の宝庫です。調味料などがこぼれたままになっていたり、野菜の葉や泥が落ちたままになっている冷蔵庫は特に注意が必要です。

次亜塩素酸水を冷蔵庫内にスプレーし、次亜塩素酸水を染み込ませたふきんで汚れをふき取りましょう。また取っ手も細菌がつきやすい場所なので拭き忘れがないようにしましょう。

排水口

あまり気が進まない場所ですが、こまめに掃除することで清潔に保て臭いも防げます。食器洗いをするたびに排水溝の掃除もしましょう。

キッチン用除菌剤のメリット&デメリット

キッチン用除菌剤として幅広く流通しているのが、キッチンハイターやキッチンブリーチなどの次亜塩素酸ナトリウム水溶液です。これらのキッチン用除菌剤のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

手頃である

比較的安くスーパーやコンビニなど、どこででも手に入れられます。キッチンハイターなど宣伝でもよく見かけるため、商品を探すのに苦労することもないですよね。

強い殺菌性

エタオールやオキシドールなどでは効果のない、ノロやロタなどの強力なウイルスにも効果がある。

デメリット

管理が難しい

濃度を一定に保つことが難しく、高温多湿の環境では劣化しやすいです。封を空けても1回で使い切ることはあまりないですよね。またセールの時に大量に購入したりすることも多いでしょう。

封を開けていなくても日光に当たったりすると劣化します。気付かないうちに劣化させ、効果の薄まったものを使用しているということも多いです。

刺激臭の危険性

刺激臭で気分が悪くなったり頭痛を引き起こすことがあります。換気をしながらの使用が勧められていますが、冬場の寒さが厳しい中では作業も大変ですよね。

使用時には安全性を確保する

直接肌に触れたり目に入ったりした場合大変危険です。目に入った場合は失明の恐れがありますし、手が触れた場合ぬるぬるしますがこれは皮膚の表面が解けているためです。直接触ることはもちろん出来ませんし、衣服などに付着すると色素が落ちたりします。

メガネやゴム手袋、汚しても良い服などを着用し、特に小さいお子さんからは離れて作業しましょう。 また「混ぜるな危険」にあるように、酢やアルコール、酸性の洗剤や生ごみなどと混じると強い刺激臭を発生させる毒ガスが出ますので充分気をつけてください

使用できるものが限られる

金属などを劣化させてしまう場合があるため、使用する場合には注意が必要です。銀食器は黒ずんでしまいますし、漆器やメラニン食器にも使えません。

ステンレス製の包丁やざるなどは漬けおきタイプのキッチンハイターの使用はさびてしまうため出来ませんが、キッチン泡ハイターならスプレーして2~5分後には洗い流すため使用できます。

ニオイ残り

使用後によくすすがないとニオイが残ります。パッキンの素材によってはニオイが取れにくいものもあります。特にホット飲料を入れるボトルマグなどは温かい飲料の熱でニオイ残りが倍増するため、おいしく飲めません。哺乳瓶やお子さん用のボトルマグも強いニオイが残ってしまうと、飲んでくれなくなりますよね。

無害無臭の次亜塩素酸水

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは名前こそ似ていますが、別のものです。次亜塩素酸ナトリウムと比べてどのようなメリットがあるのかまとめてみました。

次亜塩素酸水のメリット

肌に優しい弱酸性次亜塩素酸水

次亜塩素酸ナトリウムとの一番の違いはphで、次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性ですが、次亜塩素酸水は直接触れても問題のない肌に優しい弱酸性です。直接手や指の消毒・除菌に使用できます。

洗剤が使えない場所にも効果を発揮

魚グリルや電子レンジなど洗剤を使えない場所の除菌や消臭にも効果的です。使用後すぐに分解され水になるために洗い流す必要もありません。

ノロやロタなどの強力なウイルスにも効く

次亜塩素酸ナトリウムと同様ノロやロタにも効果がありますし、次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムでは人体に不安が残る空中散布も出来ます

無臭

次亜塩素酸ナトリウムのように刺激臭がないため、使用中に気分が悪くなったり頭痛を引き起こすことがありません。また漬けおきなどをしてもニオイ移りの心配がありません。赤ちゃんの哺乳瓶などゴムやシリコン製のパッキンの消毒にも安心して使用できます。

つまり次亜塩素酸ナトリウムの良いところだけを取り出し、更に安全性を高め効果の高いものにしたものが次亜塩素酸水なのです。

キッチンの隅々まで大活躍、ディゾルバウォーター

次亜塩素酸水のディゾルバ・ウォーターはキッチンのあちこちで安心して使用することが出来ます。

キッチンの気になるこんなところにディゾルバウォーター

気になる冷蔵庫内の除菌・消臭に直接スプレー

食品にかかったとしても洗い流す必要がありません。

生ごみの入った三角コーナーやゴミ箱に直接スプレー

台所の生臭さの元となる残飯などの生ごみの臭いも消してくれます。同時に強力な除菌効果でカビの発生も抑えられます。

まな板や包丁などの調理器具に直接スプレー

スプレーした後も洗い流す必要がありません。また気になる残り香もないので、次に使用するときも気持ちよく使えます。

食器洗い機の消臭・除菌に

細かいところまではブラシなどでも手が届きません。スプレーすることで細かいところまで除菌・消臭できます。

まとめ

ここまで読むと今すぐにでも台所を掃除したくなった、という方が多いのではないでしょうか。一見あまりにも除菌除菌と言うのも大げさなのではないかと感じる方もいらっしゃると思います。

しかしロタウイルスやノロウイルスなどの感染症は実際に台所から広がる場合が多いのです。

近年は除菌ブームにのって様々な除菌グッズも出ていますが、「除菌」や「消臭」という言葉を使用するのにこうでなければいけないという定義はないため、実際の効果が薄いものも商品名や宣伝の仕方によってはとても効果があるように思えてしまいますよね。また消費者である私達も「除菌」「抗菌」と書いてあると安易に頼ってしまいがちですが、実際に正しい使い方をしている人は少ないのではないでしょうか。

宣伝や言葉に踊らされることなく、本当に効果の高い商品を見極めることも求められています。あなた自身の、そして愛する人達の健康を支えている台所だからこそ余計念入りに除菌・消臭をして気持ちよく毎日を過ごしましょう。

食器用「水切りかご」-アルコール除菌ラボ@キッチン&食卓

http://alcohol-jokin.com/lab/lab04.php

新生活、臭いの対策はお済みですか?~キッチン・トイレ編

http://www.vislockmiracle.jp/article/14793261.html

TOTO:キッチンのまるごとお掃除手順/こんなときは、どうしよう?

http://www.toto.co.jp/water/kitchen/03.htm#05

プロが教える除菌のポイント・コツ/キッチンアルペット/サラヤ株式会社?ご家庭向けサイト

http://shizenha.saraya.com/kitchenalpet/point